がん保険は一時金と期間に注目

がん保険は様々ありますが、一番のおすすめは一時金のある保険です。
例えば、がんと診断されたら100万円が振り込まれる、というものです。

通常がん保険というと、手術をしたらいくら、入院したらいくら、という形を想像すると思います。
けれども最近は入院せず通院だけで治療するタイプのがんもあります。
また、がんになると手術や入院だけでなく、薬を買ったり食事に気を付けたりと多方面に物入りになります。
通院でも入院でも投薬でもどんなものにも使える一時金は大変価値があります。
それに遠方地にある高名な医師に診察してほしいと考えることもあるでしょう。
一時金なら交通費や宿泊費にも使えます。

もしあなたが高齢で、何十年も前にがん保険に入っていた場合は、保険の見直しの際はよく注意してください。
保険セールスの言葉につられて安易に見直してはいけません。
実は、昔の保険に比べ、今の保険は期間が短くなっているのです。

同じ保険料で今のがん保険は1年のみ有効。
昔は終身、とそのくらい違います。
ですからカバーしてくれる範囲だけでなく、どのくらいの期間支払ってくれるのかも注目してください。
だいたい昔の保険の方が期間が長いので、70年代や80年代に入ってそのままという人はがん保険を見直さず、そのままにしておく方が得なことが多いので気を付けてくださいね。キレイモキャンペーン